読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう二度とタッパーの蓋を探さない!目から鱗のシンプル整理方法。

全てメーカー統一のサイズ違いにすること。

これだけで保管時のストレスから開放される。
そもそも常備菜を大量に準備することがないのに
タッパーが過剰にあるのは異常だと気付いた。

頂き物だとか勿体ないとかで捨てられず
蓋の見つからないタッパーがあったため
思い切って全部捨ててみた。
すると気が楽になった。

少しの出費で日々のストレスを軽減していこう。
勿体ないが重荷になることもある。

もっと突き詰めると
実家から料理のおすそ分けを頂くなら
実家のタッパーも全て統一したほうが良いはず。
後日返す予定であってもタイミングが合わず
これは実家の容器だから…と場所をとってしまう。
統一しておけば同じ容器と交換するだけで良い。

親より田舎のほうが問題かもしれないが
実家だけはタッパー統一していきたい。

f:id:yanokenta32:20170227235318j:plain:w300
unixのタッパー白を見つけて即購入。
やっぱキッチン用品は白がいい。

家庭に必ずあると思っていたあの調味料は九州限定?原材料のアルコールは子供NGなのか?

使用頻度の高い調味料に『白だし』がある。

白だしはどのような料理にも使えて便利だが
九州圏外の方にはあまりメジャーではないらしい。
実家では様々な場面で大活躍だったので驚いた。

今回ほうれん草のおひたしに使用したところ
夕食後にアルコールが原材料名にあると気づいた。

これは子供や妊婦には影響があるのだろうか。
九州人としては無視できない問題だが
醤油と同じでアルコール度数はゼロのようだ。

これで心置きなく使用できる。
※気になる方は製造元に問い合わせてください

f:id:yanokenta32:20170227002106j:plain:w300
煮るのではなくアク抜きのためだけに茹でる。
根本のしゃきっと感が大事だ。

大嫌いだった『いんげん』が好きになった調理方法。

素材の味を隠すためには味を濃くすれば良い。

僕は『いんげん』という食材は
そういった感覚で味付けされていると思っていた。

というのもこれまで食べていた料理は
茹でて胡麻を絡めた濃い味付けのもので
とにかくあのしんなりした食感が嫌いだった。
これは絶対に元から不味いと決めつけていた。

ところが最近あまり茹でておらず
味付けも違う料理方法に衝撃を受けた。
いんげんが美味しかった。

味付けは醤油と鰹節のみ。
1分未満の短さに茹で時間を設定することで
非常に張りのある茹でいんげんが出来上がる。

食べてみると
キュッという万人には受けそうにない音がするが
慣れるとキュッキュッが食べたくなってくる。

残念なのはメインになる食材ではないため
少量でも価格が高くコスパが悪すぎることだ。

しかしこれは一度試す価値はある。
調べるとキュッキュッが嫌いという意見が多いが
そのために浅茹でが淘汰されたのかもしれない。

f:id:yanokenta32:20170226010630j:plain:w300
これで原価100円程度。高すぎ。

モツ鍋を家でも美味しく食べるためのひと手間。

部屋のニオイ対策をする。

どんな料理でも同じだが
食事で大事なのは臭環境を改善すること。

モツの下処理で流した脂肪は
水口に残っている限り臭みが残ったままだ。

自宅で食べる場合
どれだけ上等なモツでも下処理は必要。
よって流した脂肪を無視してはいけない。

鍋を囲む前に排水口の奥まで掃除したら
部屋の換気もすると最高の環境になる。

f:id:yanokenta32:20170225000919j:plain:w300
他県でも自宅でモツ鍋をするんだろうか。

『牧のうどん』で裏メニューを頼もう。

f:id:yanokenta32:20170223235949j:plain:w300

牧のうどん
水で締めない麺は出汁を吸い続けて太り
食べ進めてもうどんが増え続けるという名店。
出汁の味がしっかりしていてうまい。

その『牧のうどん』に裏メニューがあるらしい。
偶然行く機会があったので頼んでみることにした。

f:id:yanokenta32:20170224000726j:plain:w300

裏メニューの名は『ぞうすい』
確かにメニューには載っていない。

僕は蕎麦が好きなので山かけそばと雑炊を注文。
どちらも時間がかかると言われるが了承する。
大人しくうどんを食えということかもしれない。

f:id:yanokenta32:20170224001459j:plain:w300
雑炊 280円(税込)

一口目に驚いたのが想像より複雑な味ということ。
出汁と米だけのシンプルな雑炊ではなく
キムチや肉の端材がほんの少量だが入っており
強めの出汁でコーティングされた米を
半熟の卵がふわりと包んで味をまとめ上げている。

もしかしたら日替わりの味になるかもしれないが
そうであれば今日は大当たりであろう。

それぐらい美味しかった。
牧のうどんでは裏メニューを頼もう。

スマホ画面からあるアプリを消したら仕事が早くなった。

スマホのtodoリストを消した。

問題や課題をメモに残さないことで
その場で即解決するという強い意志を持った。
またその場で解決できない問題は
実行する日を決めてカレンダーに起こす。
決めた日に出来なければ実行日を改めて決める。

todoリストに羅列してるだけで安心して
これやらなきゃーって毎日考える集中力の欠如が
最終的な仕事のスピードに繋がってくる。

問題発見者が問題解決者であるために
問題を見失わないということが大事だ。

そのためにはtodoリストを消して
スマホWidgetにカレンダーを置くと良い。

Widgetに週間スケジュールを常に出しておけば
実行日に確実に終わらせられるはずだ。

史跡で山菜狩りは違法!では許可をもらえば良い?

40㎞制限の道路を45㎞で走る車は捕まらない。
史跡の山菜狩りはそういうグレーゾーンにある。

今回は市役所に伺うも
残念ながら許可を頂くことは出来なかった。

電話で問い合わせたが保留が長かったので
こういったケースは稀なのだろう。

市役所の文化財課へ電話した。

僕:
たびたび○○史跡を拝見させて頂いております。
春は山菜が自生しているため
自宅で楽しめる分だけ頂戴したいのですが
許可を頂くことは可能でしょうか?

ーコールセンターの方なので取り次ぎー

僕:
同じ質問

文化財課A:
私共では山菜をとって良いと言えません。
史跡は市有地となっていますので…

僕:
え?私有地なんですか?
(市有地を私有地と勘違い)
国の土地でないのであれば
土地の所有者に私から直接伺えば
可能ということでしょうか?

ー取り次ぎー

文化財課B:
史跡の山菜をとって良いとは言えませんが
他に採られている方がいるならば
立て札などして対策を…

(やばい会話が噛み合ってない)

僕:
立て札まではされなくて良いですが
史跡では山菜をとってはいけない
ということでしょうか?

文化財課B:
そう質問されると
採ってはいけないとしか言えません。

あいまいな表現だったので納得できなかったが
残念ながら史跡では山菜狩りはできないようだ。

こうしている間にも旬は過ぎていく。

f:id:yanokenta32:20170220235932j:plain:w300