野生食材探索家・酒場料理愛好家 矢野の育児ライフ@福岡

食をテーマにした育児ライフを送っています。

もう二度とタッパーの蓋を探さない!目から鱗のシンプル整理方法。

全てメーカー統一のサイズ違いにすること。

これだけで保管時のストレスから開放される。
そもそも常備菜を大量に準備することがないのに
タッパーが過剰にあるのは異常だと気付いた。

頂き物だとか勿体ないとかで捨てられず
蓋の見つからないタッパーがあったため
思い切って全部捨ててみた。
すると気が楽になった。

少しの出費で日々のストレスを軽減していこう。
勿体ないが重荷になることもある。

もっと突き詰めると
実家から料理のおすそ分けを頂くなら
実家のタッパーも全て統一したほうが良いはず。
後日返す予定であってもタイミングが合わず
これは実家の容器だから…と場所をとってしまう。
統一しておけば同じ容器と交換するだけで良い。

親より田舎のほうが問題かもしれないが
実家だけはタッパー統一していきたい。

f:id:yanokenta32:20170227235318j:plain:w300
unixのタッパー白を見つけて即購入。
やっぱキッチン用品は白がいい。

家庭に必ずあると思っていたあの調味料は九州限定?原材料のアルコールは子供NGなのか?

使用頻度の高い調味料に『白だし』がある。

白だしはどのような料理にも使えて便利だが
九州圏外の方にはあまりメジャーではないらしい。
実家では様々な場面で大活躍だったので驚いた。

今回ほうれん草のおひたしに使用したところ
夕食後にアルコールが原材料名にあると気づいた。

これは子供や妊婦には影響があるのだろうか。
九州人としては無視できない問題だが
醤油と同じでアルコール度数はゼロのようだ。

これで心置きなく使用できる。
※気になる方は製造元に問い合わせてください

f:id:yanokenta32:20170227002106j:plain:w300
煮るのではなくアク抜きのためだけに茹でる。
根本のしゃきっと感が大事だ。

大嫌いだった『いんげん』が好きになった調理方法。

素材の味を隠すためには味を濃くすれば良い。

僕は『いんげん』という食材は
そういった感覚で味付けされていると思っていた。

というのもこれまで食べていた料理は
茹でて胡麻を絡めた濃い味付けのもので
とにかくあのしんなりした食感が嫌いだった。
これは絶対に元から不味いと決めつけていた。

ところが最近あまり茹でておらず
味付けも違う料理方法に衝撃を受けた。
いんげんが美味しかった。

味付けは醤油と鰹節のみ。
1分未満の短さに茹で時間を設定することで
非常に張りのある茹でいんげんが出来上がる。

食べてみると
キュッという万人には受けそうにない音がするが
慣れるとキュッキュッが食べたくなってくる。

残念なのはメインになる食材ではないため
少量でも価格が高くコスパが悪すぎることだ。

しかしこれは一度試す価値はある。
調べるとキュッキュッが嫌いという意見が多いが
そのために浅茹でが淘汰されたのかもしれない。

f:id:yanokenta32:20170226010630j:plain:w300
これで原価100円程度。高すぎ。