野生食材探索家・酒場料理愛好家 矢野の育児ライフ@福岡

食をテーマにした育児ライフを送っています。

茹でて煮るだけ20分!簡単調理でふきのとうを大量消費できる方法。

ふきのとう大量に手に入れたら佃煮にしよう。
簡単調理で日持ちもする。酒にも合う。

春の山菜といえば天麩羅にすることが多い。
これは何故かというと
山菜の苦味成分であるポリフェノール
高温で分解され苦味が緩和されるからだ。

あの苦味が好きという方も多いだろうが
天麩羅にしても苦味は残っているため
沢山は食べることが出来ないのが現実だ。

ただ自生する食材の多くは
一斉に生えてきて一斉に食べごろになり
一度に沢山手に入ることがあるため
大量に消費しなければならない時がある。

そういう時のために
美味しい食べ方を模索していきたいところだ。

ふきのとうの佃煮はそのひとつであるのだが
味が馴染じむまで冷蔵庫に寝かせたほうが良い。
二週間後が美味しく感じた。

cookpad.com
クックパッド土佐市のぽちさんのレシピを参照

このレシピの気に入ったところは
ふきのとうをそのまま使用するところ。

f:id:yanokenta32:20170314003953j:plain:w300
さっと茹でたふきのとう

しっかりと味が馴染んだ佃煮は
苦味は残っているものの強すぎず
春の風味を感じながら美味しく頂けるのだ。

f:id:yanokenta32:20170314005913j:plain:w300

これに鍛高譚たんたかたん)という
しそ焼酎のソーダ割を合わせる。
氷をいれたグラスに3:7の分量だ。

ふきのとうの苦みの余韻を
爽やかな焼酎で流すことで
もうひとつもう一杯と進むことだろう。

f:id:yanokenta32:20170314010151j:plain:w300
ちなみに鍛高譚に梅を入れるのは嫌いだ。