読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分だけ注意される人に当てはまる3つの特徴

周りと同じ基準であっても
特定の人だけ注意されることがある。

そういう人に当てはまる特徴を3つ挙げる。
①無愛想
②機微を感じ取れない
③無関心

愛想が悪いというのは致命的だ。
喜怒哀楽を表現することは
コミュニケーションにおいて非常に大切である。

愛想とは単に笑顔というものではなく
叱られたら申し訳なさそうな表情をつくるなど
相手の機微を感じて適切な態度をとることだ。

機微とは
表面から捉えにくい微妙な趣や事情であり
機微を感じ取れない人は
相手の気持ちを推し量ろうとしないため
態度に表すことができず嫌われる。

また人間関係や役職の上下に関心を持たず
キーマンが誰なのか分かっていないことも多い。

抑えておくべき人に十分な配慮がなければ
悪く目立ってしまうのは当然である。
媚びへつらうということではなく
ある程度の緊張感をもって接し
姿勢を見せるということだ。

そういうことに無関心であれば
グレーゾーンにいても黒になってしまう。
相手の許容範囲をあっさり超えてしまうのだ。

注意を受けない人が日頃から努力していることを
自分だけ注意される人は分かっていないのである。