野生食材探索家・酒場料理愛好家 矢野の育児ライフ@福岡

食をテーマにした育児ライフを送っています。

居酒屋になった新生『吉野家』が安くてうまい!これだけは頼んでほしい1品。

吉野家の外観は変わっていないが
チョイ飲みメニューを豊富に揃えた
新生吉野家=吉呑みが安くてうまい。

そもそも僕が吉呑みを知ったのは
豚丼が復活したと聞いた2016年6月。
約10年ぶりに豚丼目当てで再訪すると
なんとメニューにホッピーを発見。

f:id:yanokenta32:20170318235819j:plain:w300
ホッピーセット400円
ソト・ナカ各200円

福岡では非常に良心的な価格だ。

次に店舗限定であろうコチラを注文した。

f:id:yanokenta32:20170319001920j:plain:w300
アニュハセヨ150円
韓国海苔・白ネギ・キムチ)

何度か通って知ったことだが
この商品はマニュアルが存在しないのか
作り手によって辛さが激変する。
初回は信じられないくらい辛かった。

この白地のメニュー表にも癖があり
実際に手にとって見ても
違いに気づく人は稀だと思うが
アニョハセヨが表記されているものと
表記されていないものがあるのだ。

一番驚くのは
この商品を知らない店員もいること。
マニュアル以前の問題だ。


豚丼の味に満足した僕は
あまり日を空けずに再訪し
吉呑みメニュー随一のコレを発見した。

f:id:yanokenta32:20170319011056j:plain:w300
牛すい350円

優しい出汁に玉葱の甘みが沁み渡り
牛肉の油が出汁の旨みを引き立て
豆腐はアツアツでうまい。
吉野家の七味をかけると
香り・辛味・旨みのバランスがよく
より一層楽しめるのだ。

吉呑みメニューを発見したら
是非この牛すいを注文してほしい。

f:id:yanokenta32:20170319012544j:plain:w300

サイドメニューの
温泉卵を投入するという神業。

※価格は全て税込表示