野生食材探索家・酒場料理愛好家 矢野の育児ライフ@福岡

食をテーマにした育児ライフを送っています。

素人がひまわりを育ててはいけない、たった1つの理由!

花後の処理が大変すぎるから。

ひまわりと言えば夏の代表花で
ひまわり畑に鑑賞に行かれる方も多いだろう。

ただ、花の印象は強く持っていても
花後の印象は薄いという方が多いのではないか。


花後の処理は本当に大変なので
気軽に観賞用で育てるのはオススメしない。



花後の処理が大変な理由は3つ。

①実った種の所に虫が付いている。

素人なので薬を撒いていないし
対策もしていないので虫がすごい。
種とかどうでも良くなる。



②枯れた姿が悲しい。

あの花の印象とは正反対の姿をしている。



③とにかくデカイ。

ひまわりは大きくなるため処理に手間を要する。
肥料にするにしても捨てるにしても
抜いたり刻んだりに手間が掛かってしまう。


このような利用から
育てている時とは桁違いの労力を要する。


。。


命あるものは終わりが来る。


初めて扱う植物を育てる際に
枯れた姿を想像する人はいないと思う。

あぁ、こんな手間が掛かるなんて知らなかった。
と残念な気持ちになるかもしれない。


でも、枯れた後まで面倒を見るのが
何かを育てるということなんじゃないかな。