野生食材探索家・酒場料理愛好家 矢野の育児ライフ@福岡

食をテーマにした育児ライフを送っています。

偽装とうふってどんな味?毎朝とうふを食べ続けていた僕の個人的な感想。

実は例の偽装とうふ
最近の減量期間中に毎朝食べていた。


偽装とうふとは何なのか?


それは杉山佐保里さんの
偽装とうふについての記事に書かれている。
(買い物される方は絶対に目を通すべき記事)


ameblo.jp



加工マジックとも言うらしい。
非常に怖い内容だ。



さて、実食について。

朝食を豆腐からご飯へ移行するまでの16日間
毎朝1パック消費した僕の個人的な感想であるが、


とにかく大豆の風味が弱い(ほとんどない)
単品だけでは全く美味しくなかった。


つまり、
味の観点からも買うべきではないと言える。



【マズイと気づいたタイミング】

○食べた初日
味がないので口に合わないと感じ
納豆を乗せて一緒に食べることにした。

○2日目
やはり単品では食べれない。納豆と混ぜる。
(減量期間中なので醤油は未使用)

○3日目
レンジで温めて食べることにした。
温めると冷たい状態より食べやすかった。

○記事を読む前日
豆腐屋で本物のとうふを購入。
やっぱり豆腐屋さんのは美味しいねと会話した。



マズイと感じながらも
減量のために味を二の次にしたこと、
4日目から食べ慣れたことも継続した理由にある。


味が変と感じるのは
体に異物が入ったサインなのかもしれない。

自分の感覚を誤魔化しながら食べるのではなく
自分の目で確かなものを選んで口に入れたい。