大人も美味しい育児飯・素人向けの野食料理を作る矢野のブログ@福岡

よく食べる子供と珍食嫌いな妻のために試行錯誤してます

仕込みに3日!待つ甲斐ありの絶品トンポーローを猪肉でつくってみた。

f:id:yanokenta32:20170913222540j:plain:w350

八角による独特の香りと
3日間熟成された柔らかな赤身。

イノシシの特徴である固い脂は
煮込むほどに旨味が凝縮されていき
煮崩れすることなくほどよい弾力がある。

3日目の朝より夜のほうがウマイので
しっかりと熟成させる大切さを理解した。

例え豚肉で作ったとしても
初日で食べるのではなく我慢すべき。

カラシと濃い目のタレの相性は抜群だ。


。。


本来トンポーローは豚肉で作る料理だが、
今回は綺麗に処理された皮付きの猪肉を頂いたので
臭み消しにもなるだろうと思い調理してみた。


f:id:yanokenta32:20170913234957j:plain:w350

ばあちゃんから貰った猪肉。


この料理にはレシピが多数あり
本場の味にするには材料を集める手間が掛かる。

そこで、材料の買い足しがない
しるびー1987さんのレシピで作ることにした。

(中華料理が好きで八角紹興酒も家にあった)


cookpad.com



以下、様子。



f:id:yanokenta32:20170913233126j:plain:w350

脂の厚さで判断するに子ではないだろうか。
そうだとすると肉質の良さも頷ける。



f:id:yanokenta32:20170913233434j:plain:w350

血抜きを塩水で5回。
元々血抜きが丁寧にされているようで
ほとんど血が出なかった。



f:id:yanokenta32:20170913233919j:plain:w350

カット面が美しすぎる。



f:id:yanokenta32:20170913233729j:plain:w350

皮目から焼いていくのだが
肉だけでなく焼いた香りさえ臭くないので驚く。



f:id:yanokenta32:20170913235639j:plain:w350

こんがり焼けたら色々入れて煮て
ラップしたら翌日まで寝かす。



f:id:yanokenta32:20170913235906j:plain:w350

翌日、ラップを外し火を入れてカットする。

豚の角煮をつくった時より
鍋の表面に凝固した脂が極端に少ない。
イノシシってめっちゃヘルシーだ。



f:id:yanokenta32:20170914000121j:plain:w350

八角を入れて煮る。
このあたりから好き嫌いが分かれる。



f:id:yanokenta32:20170914001007j:plain:w350

煮詰めたら
またラップして翌日へ。



f:id:yanokenta32:20170914072617j:plain:w350

翌日の朝。
十分美味しいけど、脂身がちょっと固い。
あと、盛り付けが適当。



f:id:yanokenta32:20170914073106j:plain:w350

そして3日目の夜。
朝に比べて脂身が柔らかい。
ただ、角煮のようなとろける柔らかさではなく
弾力のある食感でコラーゲンの塊という感じ。

獣臭さは全くないので
そういう趣味の人には物足りないかも。


そしてこのトンポーロー、
豚肉で作っても絶対にウマイ。

皮付きの豚肉で是非お作り頂きたい。