読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二度あることはチャンスを逃す。たった2回で『いつも』と感じる記憶の不思議。

いつも目当ての商品がない。
いつも目当ての店員がいない。

そう思うことが多々ある。

でもそれは本当にいつもなのか?
何度も通い続けた結果の判断なのか。

例えば365日いつも置いてある商品が
1週間だけ欠品しているとする。
その1週間のうちに二度行ってしまうと
いつも置いてないと認識するのではないか。

人はたった2回で『いつも』と錯覚する。

基本的に売り物は代用が効くため
問い合わせして購入する人はいない。

たまたま通りかかって
久しぶりに欲しくなって
手土産に御挨拶用にと
用途は様々だが敢えて予約などしない。

突発的な衝動で買い物をする場合に
二度も求める商品がなかった心境を思えば
『いつも』となる感覚も頷ける。

だがそこで店に求められるのは
『いつも』と判断されるだけではなく
『次こそ』に変化させる力である。

変化させる力とは
発信力や会話力など様々あるだろうが
そういう力を常日頃から鍛えていれば
ピンチをチャンスに変えられるはずだ。

また自分自身についても
二度の経験で『いつも』と感じていないか
特に部下の指導の際には気をつけよう。

何度も言わせるなと言うほど
何度も言ってないものである。