野生食材探索家・酒場料理愛好家 矢野の育児ライフ@福岡

食をテーマにした育児ライフを送っています。

家の餃子を劇的に美味しくするたったひとつの方法!

市販の皮を買わず手作りすること。

そうすると劇的にウマイ餃子ができる。
想像を遥かに超える美味しさだ。


こちらのレシピで作ってみた。

cookpad.com


強力粉を使う料理はしたことがないため
薄力粉のみ使用して生地をつくる。

f:id:yanokenta32:20170619180026j:plain:w350


f:id:yanokenta32:20170619180138j:plain:w350

これを5分こねるのが相当しんどい。


f:id:yanokenta32:20170624083738j:plain:w350


f:id:yanokenta32:20170624083828j:plain:w350


f:id:yanokenta32:20170624085904j:plain:w350

ワタミ時代に流行ってたピッタリラップ。

絞ったタオルペーパーで皿の淵をなぞり
水分がつくことで綺麗に張れる。


f:id:yanokenta32:20170624083918j:plain:w350


f:id:yanokenta32:20170624084210j:plain:w350

学生時代のアルバイトで
生地からピザをつくっていた。

棒で伸ばす際に
端まで伸ばしきってはいけないのだが
餃子で気にする必要があったのだろうか。


以下、ピザ風に作成

縦に伸ばす。

f:id:yanokenta32:20170624084236j:plain:w350



90度傾けて伸ばす。

f:id:yanokenta32:20170624084311j:plain:w350



四角形になるので45度傾けて伸ばす。

f:id:yanokenta32:20170624084328j:plain:w350



微調整して

f:id:yanokenta32:20170624084354j:plain:w350



完成

f:id:yanokenta32:20170624084418j:plain:w350

想像していた餃子作りに比べ
沈黙の時間が多い。

ここまでに2時間弱かかっており
意外と楽しくない。



f:id:yanokenta32:20170624084451j:plain:w350

餃子作りのメインイベントである
餡の包みをひたすら沈黙して終わらせ
焼きに入る。


f:id:yanokenta32:20170624084517j:plain:w350


f:id:yanokenta32:20170624084546j:plain:w350

散らかった。



このくらい焼き目がつくとパリっとする。
蓋をして中火で4分ほどだった。



f:id:yanokenta32:20170624084655j:plain:w350

大完成。
思っていたより大変だった。


皮を厚めにしているのでしっかり弾力があり
小麦の優しい甘みが口中に広がってウマイ。

関西の有名店551蓬莱のような
本格豚まんの厚みある皮の部分を思わせる。

面倒な上に時間は掛かるのだが
市販の皮より圧倒的に手作りするほうがいい。