野生食材探索家・酒場料理愛好家 矢野の育児ライフ@福岡

食をテーマにした育児ライフを送っています。

例の危険外来植物の信じられない生態を検証してみた。

f:id:yanokenta32:20170429145155j:plain:w300


あの花、一日花なんだって。


鳥肌が立つ。
あのオレンジの花は一日で枯れているらしい。

あんなに沢山咲いているのに。
毎日新しい花が無数に咲いているということだ。
恐ろしい。

僕は信じられなかったので
繁殖中のナガミヒナゲシで実際に検証してみた。

f:id:yanokenta32:20170429144255j:plain:w300

頭を垂れているものはツボミ。
スタンドマイク状は花が散ったもの。

この果実ひとつに約1,500個の種が入っている。


おぞましい…
僕は無心でむしった。



一時間後。



f:id:yanokenta32:20170429144712j:plain:w300


3体残したが1体は気付いたら散っていた。


翌日へ。


f:id:yanokenta32:20170429145042j:plain:w300

花が散っている!
本当に毎日咲き替わっていたようだ。


そして地面に目を凝らす。

f:id:yanokenta32:20170429145526j:plain:w300
NEW FACE

小さな花を5つも発見した。

この程度の花なら可愛く見えるが
絶対に放置できない。


。。


ナガミヒナゲシの繁殖力は恐ろしいが
最も危険視されているのは
他の植物を枯らす毒素を出すことのようだ。

しかも種子は未成熟でも発芽するため
抜いてそのまま放置せず
可燃ゴミで確実に廃棄しなければならない。

面倒だが
近隣に迷惑のかからないように処理しよう。

f:id:yanokenta32:20170429150109j:plain:w300

ナガミヒナゲシに限らず
庭の雑草は根絶やしにするのである。