野生食材探索家・酒場料理愛好家 矢野の育児ライフ@福岡

食をテーマにした育児ライフを送っています。

本物の『鮭とば』が全国で買える!その食べ方を検証。

f:id:yanokenta32:20170531234009j:plain:w350

コンビニの鮭とばが柔らかくて甘くてどうも苦手。
本気の『鮭とば』はドン・キホーテで買える。

北海道に旅行したときに
道民がウマイと勧めてくれたもの。


パッケージ裏面には
酒に一晩漬けて焼くと違う味わいとある。


f:id:yanokenta32:20170531234647j:plain:w350

早速やってみよう。


f:id:yanokenta32:20170531235042j:plain:w350

適当に料理酒を注ぐ。



f:id:yanokenta32:20170531235329j:plain:w350

一晩おいて焼く。



f:id:yanokenta32:20170531235601j:plain:w350

焦げた。


今回比較したのは3種。

①まんまの鮭とば
②酒に一晩つけた焼き鮭とば
③まんまを焼いた鮭とば


【感想】

①まんまの鮭とば

今まではこれをメインに食べていたのだが
他と比べると塩気が強いことが分かる。
皮は噛み切れずウロコが気になるので玄人向け。


②酒に一晩つけた焼き鮭とば

焦げてしまったがしっとりとしてウマイ。
塩気は抑えられ甘みも感じる。
皮やウロコがほどよく焼けて食べやすい。
強めの食感はありながら噛み切れる優しさ。


③まんまを焼いた鮭とば

元々水分がないのに更に焼くのでゲッソリする。
塩気は残っていて少し辛い。
だが酔ってくるとこの塩気がたまらない。


f:id:yanokenta32:20170601004826j:plain:w350

下 : 漬けたもの
上 : まんまを焼いたもの

しっとり感が全然違うのがわかる。


鮭とばが口内に絡む渋さは何だろう。
ほうれん草のシュウ酸のような渋さ。

あれが好き。