野生食材探索家・酒場料理愛好家 矢野の育児ライフ@福岡

食をテーマにした育児ライフを送っています。

夏のワラビが収穫されない3つの理由!

ワラビの新芽は夏でも採れる。

ただ、あまり積極的に採る人はいない。
その理由は3つある。

①採れること自体を知らない
②少量しか採れない
③美味しいか分からない

そもそも知らない人が多い上に
この時期は草が開ききったものと若芽が混在し
十分な量を採るには効率が悪い。

また、味が悪いのではないかと思われていたり
アクが強いかもしれないとも言われている。

では実際に味の違いがあるか調べてみた。



f:id:yanokenta32:20170620230232j:plain:w350

開いてしまった草が目立つ中
ひっそりと新芽が生えている。


f:id:yanokenta32:20170621011508j:plain:w350

味噌汁4杯分程度は簡単に収穫できた。
重曹と熱湯でアクを取り除く。


f:id:yanokenta32:20170621012505j:plain:w350

春のものと遜色ない色艶である。


f:id:yanokenta32:20170621013001j:plain:w350

味噌汁に。



味は確かに違いを感じた。
春よりもワラビの風味が落ちるようだ。

ただ、毎年食べて気づく程度の違いなので
夏のワラビも美味しく食べれると言って良い。

アクは特段に強くないため
お浸しにしても楽しめそうだ。