野生食材探索家・酒場料理愛好家 矢野の育児ライフ@福岡

食をテーマにした育児ライフを送っています。

サザエよりバイ貝よりビナ貝のほうがウマイ理由!

ビナってのはこういう貝


f:id:yanokenta32:20170622233415j:plain:w350


ビナを家庭で食べることが当たり前すぎて
一般家庭で消費される頻度が分からないのだが
何度も食べるほど美味しい理由がある。


それは身と肝のバランスだ。


肝が非常に淡白で食べやすいため
とにかく無心で食べることが出来る。


。。


今回とても和オシャレなレシピを発見した。

ameblo.jp



親父から非常に良い型のビナをもらい
興奮しながら早速調理してみた。


f:id:yanokenta32:20170622233945j:plain:w350

流水で洗う。



f:id:yanokenta32:20170622234340j:plain:w350

重曹は1リットルに対して小さじ1で。
ワラビをやるときと同じくらいにしてみた。

たびたび思うことだが
職人はレシピに分量を書き留めないから分からん。


貝が縮まないように弱火から茹で始め
温まったら強火で沸騰させる。(レシピ通り)


沸騰したらザルにあげて
流水で貝の口にある汚れを取る。

そして鍋に戻す。


f:id:yanokenta32:20170622235229j:plain:w350

醤油とみりんと水を1:1:1で貝が浸る程度に入れて
煮立ったら火を止めておく。


f:id:yanokenta32:20170622235448j:plain:w350

粗熱が取れるまで置いたほうが良いが
我慢できずに食べてしまった。


f:id:yanokenta32:20170622235946j:plain:w350

ひと手間掛けたというだけで
これほど美味そうになるものだろうか。


f:id:yanokenta32:20170623000118j:plain:w350

サザエやバイ貝とは違って雑味や苦味が少なく
淡白な味の中に肝の深みがあってウマイ。

味付けをしたことによりコクが強まり
塩茹でと比べ旨味の波がひとつ増える感じか。

もっと漬け込めば確実にもっとウマイはず。


貝類の酒に合う感は異常だと思う。



https://www.instagram.com/p/4ZatQ8x2gQ/

これがバイ貝。

百貨店販売員が教える、買うつもりがなくても嬉しい試食客の特徴!

試食する際にゆっくり商品を見る人。

買うつもりがなくても
立ち止まって商品を手にとって見る。

これだけで嬉しい試食客になれる。


。。


試食をする際に一瞬も立ち止まらず
マラソンランナーのように補給する人。

こういう人は一番嫌われる。

試食はあくまでもお試しなので
買う気がなくても食べるのは問題ない。
むしろ遠慮なく食べて欲しい。

しかし、歩を緩めることなく受け取り
そのまま立ち去られた場合
試食の2つの目的が達成できなくなる。


①購入してもらう
②人を集める


人間の心理としては
お店の前に一人もいないより
一人でもいたほうが立ち寄りやすい。

つまり試食で人を集めることで
来客数の分母を増やし
購入客を増やそうと目論んでいる。

そいういう目的があるのに
一目散に逃げられると非常に困る。

もし買う気がないのなら
適当に手にとって商品を見て
他に来客があれば立ち去ってほしい。


二度、三度と試食だけする人がいるが
販売員は試食した人を覚えている。

買う気がないのに
何度も同じ店に行くのは控えよう。

夏のワラビが収穫されない3つの理由!

ワラビの新芽は夏でも採れる。

ただ、あまり積極的に採る人はいない。
その理由は3つある。

①採れること自体を知らない
②少量しか採れない
③美味しいか分からない

そもそも知らない人が多い上に
この時期は草が開ききったものと若芽が混在し
十分な量を採るには効率が悪い。

また、味が悪いのではないかと思われていたり
アクが強いかもしれないとも言われている。

では実際に味の違いがあるか調べてみた。



f:id:yanokenta32:20170620230232j:plain:w350

開いてしまった草が目立つ中
ひっそりと新芽が生えている。


f:id:yanokenta32:20170621011508j:plain:w350

味噌汁4杯分程度は簡単に収穫できた。
重曹と熱湯でアクを取り除く。


f:id:yanokenta32:20170621012505j:plain:w350

春のものと遜色ない色艶である。


f:id:yanokenta32:20170621013001j:plain:w350

味噌汁に。



味は確かに違いを感じた。
春よりもワラビの風味が落ちるようだ。

ただ、毎年食べて気づく程度の違いなので
夏のワラビも美味しく食べれると言って良い。

アクは特段に強くないため
お浸しにしても楽しめそうだ。