読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ワタミ店長が教える家庭でサラダを美味しく食べる方法!

ワタミは有機野菜を使っているから美味しいのか?

これは半分正解で半分間違いだ。

どんな上等な肉でも丸焦げになるとマズイように
素材の扱い方や調理方法が重要なのである。

ワタミは有機野菜だから作り方にこだわる。
それが美味しさの秘訣だ。

逆に言うと有機野菜でなくても
作り方にこだわれば美味しいサラダはつくれる。


【美味しいサラダの作り方】

必要な道具:ボール、ざる、サラダスピナー
野菜:リーフレタス


①リーフレタスを一枚ずつ剥がしながら洗う


②千切って水を張ったボールに入れる
f:id:yanokenta32:20170522203857j:plain:w350

花びらを一枚ずつ千切るように優しく!

f:id:yanokenta32:20170522204425j:plain:w350

この部分は腐りやすいので廃棄。
僕はここを食べながら千切ってる。


③葉が潰れないように冷やす
f:id:yanokenta32:20170522204156j:plain:w350

一応寄せてるつもり。


サラダスピナーに移して
f:id:yanokenta32:20170522204559j:plain:w350


⑤回す
f:id:yanokenta32:20170522204636j:plain:w350


とにかく水気を切らなければ
ドレッシングをかけても薄まるため美味しくない。

サラダスピナー一家に一台ほしいところ。


市販のドレッシングはあまり好きでないので
作るのが面倒な時はオリーブオイルと塩で十分だ。

コストコのオリーブオイルは酸化が気にならず
とても使い勝手が良いのでオススメ。


f:id:yanokenta32:20170522205837j:plain:w350


時間に余裕があれば
寿司酢にオリーブオイルを少しずつ加えながら撹拌し
乳化させて塩胡椒を振る栗原はるみレシピで。

これが最高にうまい。

丁寧に作ったサラダには
シンプルなドレッシングが一番合うのだ。

自宅で三杯ほど最高のハイボールを飲む方法。

ハイボールは酒を注ぎ足してはならない。

二杯目以降も美味しく飲むためには
グラスの中身を捨てよう。

氷が勿体無いので
僕は三杯飲めたらいいと思っている。


【簡単美味しい作り方】
グラスに氷を敷き詰めてウイスキーを注ぐ。
酸を飛ばさないようにゆっくりと炭酸を注ぐだけ。

ウイスキー:炭酸=4:1

注意点
①先に氷を入れておく
②氷をガチガチに敷き詰める
③かき混ぜない

敷き詰められた氷の表面に定着したウイスキー
良い具合に炭酸と混ざるのだ。

二杯目、三杯目と飲み続ける際には
氷を捨てて再スタート。

それだけで最高の一杯を楽しめる。



【美味しかった変わりハイボール

⭐︎庭の山椒を添える『佐藤健ハイボール

https://www.instagram.com/p/BT1MVIEDH93/

知多のCMハイボール

www.youtube.com


これはなかなか。爽やかにうまい。


⭐︎大阪の箕面にて『もみじハイボール

https://www.instagram.com/p/BJxtv21gOlJ/


メープルシロップ漬けした紅葉の葉を添えた
甘みとスッキリ感が最高の一杯。

郷土品の紅葉の天ぷらを片手に。


これからハイボールがうまい季節。
今年も楽しみたい。

福岡で子供連れの『ホタル鑑賞』を楽しむならココ!今日(5/20)からホタル見会場が開園。

大野城市牛頸ダムはオススメだ。

なんといっても
駐車場無料・整備歩道・明るい足元が魅力。

子供連れで安心安全の鑑賞ができる。

ボランティアの方が
ホタルについて説明しているのも良い。


ホタルが観れる良い条件は以下。
「湿度が高い」
「風がない」
「月明かりが弱い(周辺が暗い)」
「雨が降っていない」

梅雨に入ると一気に鑑賞機会を失うので
今月中に是非行きたいところ。

ちなみにホタルは19時から21時に飛んでおり
最も最適な時間は20時ということだ。


各地のホタル前線はコチラ

weathernews.jp



僕が初めてホタル鑑賞に牛頸ダムを訪れたのは
親父と二人で行った5年ほど前だった。

その当日はあまり条件が良くなかったこともあり
数は多くなかったがはっきりと覚えている。


ホタルを見つけた嬉しさ
儚い光から感じる侘しさ
森の静かなざわめき
川の流れるせせらぎ
鑑賞客の喧騒を感じながら
じっくりと鑑賞していると




「見て。ホタル。」


親父が手にゲッ虫して持ってきた。


忘れられない。


そんな親父は本日誕生日。

昨日は父からホタルの動画をもらった。

短い鑑賞時期を逃さずにいられるのは
親父のおかげ。ありがとう。

そして、おめでとう。