大人も美味しい育児飯・素人向けの野食料理を作る矢野のブログ@福岡

よく食べる子供と珍食嫌いな妻のために試行錯誤してます

仕込みに3日!待つ甲斐ありの絶品トンポーローを猪肉でつくってみた。

f:id:yanokenta32:20170913222540j:plain:w350

八角による独特の香りと
3日間熟成された柔らかな赤身。

イノシシの特徴である固い脂は
煮込むほどに旨味が凝縮されていき
煮崩れすることなくほどよい弾力がある。

3日目の朝より夜のほうがウマイので
しっかりと熟成させる大切さを理解した。

例え豚肉で作ったとしても
初日で食べるのではなく我慢すべき。

カラシと濃い目のタレの相性は抜群だ。


。。


本来トンポーローは豚肉で作る料理だが、
今回は綺麗に処理された皮付きの猪肉を頂いたので
臭み消しにもなるだろうと思い調理してみた。


f:id:yanokenta32:20170913234957j:plain:w350

ばあちゃんから貰った猪肉。


この料理にはレシピが多数あり
本場の味にするには材料を集める手間が掛かる。

そこで、材料の買い足しがない
しるびー1987さんのレシピで作ることにした。

(中華料理が好きで八角紹興酒も家にあった)


cookpad.com



以下、様子。



f:id:yanokenta32:20170913233126j:plain:w350

脂の厚さで判断するに子ではないだろうか。
そうだとすると肉質の良さも頷ける。



f:id:yanokenta32:20170913233434j:plain:w350

血抜きを塩水で5回。
元々血抜きが丁寧にされているようで
ほとんど血が出なかった。



f:id:yanokenta32:20170913233919j:plain:w350

カット面が美しすぎる。



f:id:yanokenta32:20170913233729j:plain:w350

皮目から焼いていくのだが
肉だけでなく焼いた香りさえ臭くないので驚く。



f:id:yanokenta32:20170913235639j:plain:w350

こんがり焼けたら色々入れて煮て
ラップしたら翌日まで寝かす。



f:id:yanokenta32:20170913235906j:plain:w350

翌日、ラップを外し火を入れてカットする。

豚の角煮をつくった時より
鍋の表面に凝固した脂が極端に少ない。
イノシシってめっちゃヘルシーだ。



f:id:yanokenta32:20170914000121j:plain:w350

八角を入れて煮る。
このあたりから好き嫌いが分かれる。



f:id:yanokenta32:20170914001007j:plain:w350

煮詰めたら
またラップして翌日へ。



f:id:yanokenta32:20170914072617j:plain:w350

翌日の朝。
十分美味しいけど、脂身がちょっと固い。
あと、盛り付けが適当。



f:id:yanokenta32:20170914073106j:plain:w350

そして3日目の夜。
朝に比べて脂身が柔らかい。
ただ、角煮のようなとろける柔らかさではなく
弾力のある食感でコラーゲンの塊という感じ。

獣臭さは全くないので
そういう趣味の人には物足りないかも。


そしてこのトンポーロー、
豚肉で作っても絶対にウマイ。

皮付きの豚肉で是非お作り頂きたい。

『あしたっていつのあしたよ?』老いを嘆くな、明日に回すな。

f:id:yanokenta32:20170913094847j:plain:w350

白米1合、生卵3個
これが9月1日から朝晩の基本メニューである。

朝はこれに梅干しやナメ茸を乗せることもある。
晩は副食に揚げ物を控える。

お昼はサラダチキン、ブロッコリー、おにぎり。
増量期はこのようなメニュー構成だ。


。。


ダイエットや増量を通してつくづく思うのだが
脂質が多い食事はウマイ。うますぎる。


ラーメンとか半端ない。


だが恐ろしいことに、
カッコイイ体型のオヤジと
好きなものを食べまくるオヤジは両立できない。


また、
日頃の不摂生は身体に大きな変化をもたらす。
特に30代以降は顕著だ。

若い頃より代謝が落ちるため
付いた脂肪は落ちにくく
すぐに肌が荒れてしまう。
酒の抜けも悪く二日酔いが苦しい。


なんで若い頃から鍛えなかったのか…
なんで若い頃に肌のケアをしなかったのか…


そう思う人も多いだろう。


しかし、
なぜ若い頃に始めなかったのかと嘆くその瞬間が
人生で最も若いという皮肉に気づいてほしい。


自分の人生において
一番若い時期は今なのである。


だから、今からでも遅くない。
諦めるのはまだ早い。


明日やろう、いつかやろうではなく
『あしたっていまさッ!』の精神が必要である。

フランスのハンバーグ!?郷土料理のカイエットが日本人好みすぎる!

f:id:yanokenta32:20170912074747j:plain:w350


フランスの郷土料理カイエットは
簡単に言うとハンバーグを網脂で包んだ料理だ。

網脂とは動物の内臓の周りにある網状の脂で
店頭では滅多に見かけない食材である。

よって今回は
生春巻きの皮で代用するレシピを参考にした。


cookpad.com



レシピでは猪肉を使用しているが
家族の口に合わないかもしれないので豚肉を使用。

猪肉料理の1つに考えているので試作でもある。


レシピはブランデーを料理酒へ変更。
最後はワイン大さじ3、水を大さじ3で煮た。
ソースにカレー粉は使用しなかった。

バターソースの無塩バターは30g程度で良さそう。
バター高いからケチりたいよね。


以下、料理の過程。



f:id:yanokenta32:20170912075405j:plain:w350

オニオンソテーってどこまでソテーするんだろう。



f:id:yanokenta32:20170912075552j:plain:w350

無塩バター50gも使用した。
超余った。



f:id:yanokenta32:20170912075910j:plain:w350

形成はハンバーグを意識しすぎた。
もっと平たくして火の通りを良くすべきだった。



f:id:yanokenta32:20170912080340j:plain:w350

戻した春巻きの皮で包む。



f:id:yanokenta32:20170912080545j:plain:w350

焼く。
ジャガイモ・玉ねぎ・エビを包んだものと一緒に。



f:id:yanokenta32:20170912080746j:plain:w350

こっちが先に蒸しあがる。
ケチャップ、タバスコ、レモンと湯剥きトマトを
ミキサーにかけてソースをつくり、敷いて乗せる。

これは網脂のレシピで見た料理のアレンジ。


カイエットは追い水(大さじ3)をして煮足す。


f:id:yanokenta32:20170912081703j:plain:w350

ハンバーグ型にする利点は
このポケットに溜まった肉汁に
バターソースを絡めていけるところか。



f:id:yanokenta32:20170912082354j:plain:w350

冷蔵庫で固めたバターソースを盛って。



f:id:yanokenta32:20170912082718j:plain:w350

バーナーで炙って溶かす。



f:id:yanokenta32:20170912082853j:plain:w350

これはうますぎ。

春巻きの皮が大きすぎたので
重なる部分はカットしたほうが良かった。

これ網脂で作ったらとんでもなくウマイだろうな。