大人も美味しい育児飯・素人向けの野食料理を作る矢野のブログ@福岡

よく食べる子供と珍食嫌いな妻のために試行錯誤してます

えんとつ町のプペル展を2倍楽しむための事前準備

先に絵本を読んでおこう。
もしくは無料公開されたweb版を見ておく。

spotlight-media.jp

プペル展は作品展である。
僕はこれを誤解していて
プペル展で絵本を読みに行こうと考えていた。
読むというのは物語を理解するということ。
だけどそれは間違いだった。

もちろんページ通りに並んでいるし
物語のすべての絵が展示されていて
ストーリー性も感じることができる。
でも絵本ではない。
なぜなら文字が存在しないから。

帰り際に絵本を購入し初めて内容を知って
先に絵本を読むべきだったと感じた。

運良く混んでおらず2度入場できたので
写真撮影と鑑賞を分けることができたが
混んで一度しか観れないような場合
写真撮影がメインになる恐れがあるなら
本の内容を知っておく必要がある。

写真撮影と鑑賞と物語を追うこと
これを同時にしなければならなかった僕は
1周目の作品鑑賞において見落としがあった。
(この絵見たかな?ということもあった)
そうならないために
物語は知っておくとより楽しめる。

f:id:yanokenta32:20170314110047j:plain:w300
スマホで撮影
絵本が光るという世界観は必見。