大人も美味しい育児飯・素人向けの野食料理を作る矢野のブログ@福岡

よく食べる子供と珍食嫌いな妻のために試行錯誤してます

大嫌いだった『いんげん』が好きになった調理方法。

素材の味を隠すためには味を濃くすれば良い。

僕は『いんげん』という食材は
そういった感覚で味付けされていると思っていた。

というのもこれまで食べていた料理は
茹でて胡麻を絡めた濃い味付けのもので
とにかくあのしんなりした食感が嫌いだった。
これは絶対に元から不味いと決めつけていた。

ところが最近あまり茹でておらず
味付けも違う料理方法に衝撃を受けた。
いんげんが美味しかった。

味付けは醤油と鰹節のみ。
1分未満の短さに茹で時間を設定することで
非常に張りのある茹でいんげんが出来上がる。

食べてみると
キュッという万人には受けそうにない音がするが
慣れるとキュッキュッが食べたくなってくる。

残念なのはメインになる食材ではないため
少量でも価格が高くコスパが悪すぎることだ。

しかしこれは一度試す価値はある。
調べるとキュッキュッが嫌いという意見が多いが
そのために浅茹でが淘汰されたのかもしれない。

f:id:yanokenta32:20170226010630j:plain:w300
これで原価100円程度。高すぎ。