読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信長の好んだ敦盛は平均寿命の話じゃない。人間50年の勘違い。

人間五十年と信長が謳う場面
大河ドラマでは印象深いシーンだが
これは当時の平均寿命を指したものではない。

人間五十年
化天のうちを比ぶれば
夢幻の如くなり

その意味を自分の解釈で簡潔に述べるなら
『50年という月日は宇宙の歴史に比べれば短い』
そういう儚さを詠んだ詩と説明するだろう。

つまり平均寿命というのを語る際に
この詩を参考に50歳とは言えないのである。

そもそも戸籍登録もない時代
正確な平均値を計る術がないのだから
それを比較にするのは愚かなことだといえる。

医療が十分でなく乳児の死亡率は高いが
葛飾北斎のように長寿もいるのだ。

平均寿命まで生きる補償などないのだから
そういう物差しと比較せず今どう生きるか
そういうことを考えていきたい。