大人も美味しい育児飯・素人向けの野食料理を作る矢野のブログ@福岡

よく食べる子供と珍食嫌いな妻のために試行錯誤してます

春の山菜カンゾウの酢味噌和え

甘草(カンゾウ)というのは
フキが開花しそうな頃に自生している山菜である。

アクが少ないため湯通しは短めで食感が良く
ネギやわけぎの代わりに
旬のホタルイカと酢味噌和えが良さそうだ。


f:id:yanokenta32:20170327024330j:plain:w300
ふきのとうの周りに群生するカンゾウ

カンゾウは異物を受け取りやすい形のため
汚れをしっかり取る必要があり
洗う作業が非常に大切になってくる。

f:id:yanokenta32:20170327024538j:plain:w300
洗いと水換えは5回以上行う

土や汚れを落としてしまえば簡単だ。
沸騰した湯にカンゾウを入れ
再沸騰するとザルにあげる。
水で熱を取って絞れば準備完了。

f:id:yanokenta32:20170327024640j:plain:w300

おひたしや味噌汁でも美味しいようだが
わけぎのぬた風に酢味噌で頂いた。

f:id:yanokenta32:20170327025036j:plain:w300
クセがなく淡白な味わい。
つぼみや花も食べれるらしい。