野生食材探索家・酒場料理愛好家 矢野の育児ライフ@福岡

食をテーマにした育児ライフを送っています。

就活で休職している音信不通のアルバイトスタッフに伝えたい。たった1つのこと。

とりあえず時間を埋めるアルバイトではなく
自分が熱中できるアルバイトを探してはどうか?

そうすれば今以上に学生生活が輝くだろう。


。。


なぜ職場からの連絡に返信しないのか?
それは熱中できる仕事でないからである。

そして連絡のやりとりを後回しにされるほど
僕自身に魅力がないということでもある。


辞めても続けてもどちらでもよいバイト。
そういう仕事を続けて人生が輝くのだろうか。


。。


例えアルバイトであっても
本気で打ち込みたい仕事であれば
休みの期間でも関わり方が違ってくるはずだ。

僕の経験上
就活といって全て休む人間はなかなか決まらず
一日だけでも入ろうという意思がある人間は
比較的早めに希望職を掴む傾向にある。

それは仕事に対する責任感の違いや
職場に必要な存在になれるかどうかの違いによる。


就活中であろうが
少しでも働きたい仕事なのか
自分の力が必要な職場だから少しでも働くのか
どちらにせよ魅力を感じる仕事をすべきだ。


。。


どんな仕事が面白いかなんて
実際にやってみなければ分からない。

アルバイトは絶好の就業体験なので
どんどん挑戦してどんどん辞めれば良い。

もちろん突然来なくなるような人間は論外だが
様々なアルバイトを経験し
自分が好きだと思える仕事を続ければ良いのだ。

だから僕は辞める人を止めることはしない。


。。


尊敬できる人間と関わる場合
ひとつひとつの所作に気を張るはずである。

そういう人間がいる職場でも同じように
仕事への関わり方は違ってくる。

雇う側の問題ともいえるが
そういう人間がいない職場であっても
続けているのは自分なのだから非はあるだろう。


つまりアルバイトを続けるならば
魅力のある仕事なのか
魅力のある人間がいる職場なのか
そういう視点で働き続けるか判断した方が良い。


学生時代の時間は有限だ。

なんでも良いから余った時間を潰す時間や
とりあえず続けている時間は勿体無い。

もし仕事に魅力もなくて
将来の役にも立たない職場なら
遠慮せずに辞めてほしい。

僕はそんな職場にしないように努力する。