野生食材探索家・酒場料理愛好家 矢野の育児ライフ@福岡

食をテーマにした育児ライフを送っています。

人生の主役は誰なのか?

誰か一番好き?

男女間でよくありそうな質問。
僕は昔から決まって自分だと答えている。
自分が一番好きだと自信を持って言える。

そもそも
誰かの一番になるには二番の人間が必要だ。
しかし食べ物や絵の具の色のように
人間に順位を付けることは容易でない。

好きという感情は移ろいやすい。
環境や距離や精神状態で変わる。

そのような移ろいやすい判断材料を基に
誰かと誰かを比較するのは難しいのではないか。

だから敢えて順位をつけるなら
自分が一番である。

。。

プロフィールを子供の写真にする母親に対し
違和感を持つ人は多いようだ。

子供の顔を晒す危険性や
不妊で悩む人への配慮など様々な意見がある。

でも僕が思うのは
人生の主役は誰なのかということ。

お腹を痛めて産んだ母親自身がもつ
子供への感情は男性には理解できない。
子供が一番である時期もあって良いと思う。

しかしいつか子供は離れていく。
いつまでも一番ではいてくれない。

自分を一番好きでいる必要はないし
あまり好きでなくても嫌いでも良いと思う。
でも自分の人生の主役は自分である。

そういう自覚が必要だと感じている。