読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その「晩ごはん何がいい?」に待ったをかけよう。

聞く前に考えてほしい。

自宅にある調味料や食材を把握していて
スーパーに並んでいる食材も予想できて
料理にかける時間や手間も予想できる。

普段料理しない人で
それができる人はいないのではないだろうか。

そういった条件の基で
たまに食べたいものを言うと
希望通りにつくってもらえなかったりする。

その積み重ねが「なんでもいい」になる。

自分が料理のヒントを得たいなら
相手に使う食材のヒントを与えてみる。
希望を聞いたけど食材が調達できず
違う料理になるなら早めに伝えておけば良い。

自分が考えて食べたいものを言うと
言われた側の想像以上に相手は期待してるもの。
期待にそえるよう努力も必要になる。

だから今日は何食べたい?と聞く前に
一度立ち止まって考えなければならない。